ヘッドライトクリーン&プロテクト

自動車のヘッドライト面は主にクリア樹脂(PP等)が使用されていますが、年数劣化により、変色・スクラッチ(ヒビ)等が発生します。 これらの汚染を除去しようとしても簡単に取り除く事は出来ません。下手すると逆にキズを付けてしまいます。 当社のヘッドライト研磨は、レンズの劣化膜を除去し、新車時の美しさと透明感を復活することが出来ます。ヘッドライトの黄ばみ、白濁を除去、自動車のヘッドライトやテールレンズ部分は プラスチック製(樹脂製)の場合が多く、数年経つと白く濁ったり、黄ばんで来ます。痛みの程度の応じて、ペーパーや専用の研磨剤で磨くと透明感が復活します。

主な原因として、太陽による紫外線などによる劣化が考えられます。ボディはピカピカでも、ヘッドライトが汚いとクルマ全体が綺麗に見えないものです。 当社では特殊な技術で、ヘッドライトを傷つけることなく、この黄ばみを落とし、さらに黄ばみを防止し劣化を防ぐ強力な専用コーティングを施します。

※レンズの内側の汚れは除去できません。

ヘッドライトコーティング施工例

ヘッドライトコーティング施工費用

表面が黄ばんでいる程度の場合(劣化の軽度な状態) ¥5,000〜
表面がヒビ割れている場合(劣化の酷い場合) ¥30,000〜